今日もご利用者様に「会いに行こう」
宅配クック123の想い

content_img01.jpg

宅配クック123のお客様はお食事にお困りで必然的に我々をお求めのお客様です。
我々もお客様のお求めに対して必然的に真摯な対応を行わなければお客様と目線が合うわけがありません。

我々は「お客様にお弁当を配ろう」という意識で配達に出発するのではありません。
向こう三軒両隣の精神(お客様と家族にはなれなくても隣人のような存在でありたい)で、
「今日もお客様に会いに行こう」という意識で配達に出かけます。
そのため、お弁当は手渡しを原則としています。

ですから会えなければもちろん心配になり、チャイムを鳴らして出てきて頂けるまで待ちます。
玄関先からご自宅に電話もします。ケアマネジャーさんに電話します。ご家族に連絡します・・・
それが結果的に「安否確認」になっているという感じでしょうか。

この行為に効率なんて求めるのではなく、「ただ会いに行こう」という純粋な気持ちにおいて成り立っています。会いに行って喜んで頂いて笑顔を持ちかえろう・・・
また「食べ残しをされないような適量の食事は『腹八分目』ですが、お客様の心はいっぱいにしてお客様の笑顔とお弁当を交換するんです。 だから『心は十分目』・・・

これらの想いでお届けしているのが、「宅配クックワン・ツゥ・スリー」のお弁当なのです。

認知症理解の証「オレンジリング」
すべてはご高齢者のために

宅配クック123はただのお弁当屋ではありません。

「認知症になっても住み慣れた地域で安心して暮らしたい」多くのご利用者様のこうした願いを かなえる一助となるべく、宅配クック123では地域ごとに「認知症サポーター養成講座」を受講。 受講修了者は、その証として「オレンジリング」腕につけています。
ご利用者様とのより良い関係作りだけでなく、地域づくりにも役立てています。

content_img02.jpg

認知症サポーターとは

認知症について正しい知識を持つことなどを目的に厚生労働省が推進する 「認知症サポーター養成講座」の修了者を指し、修了の証としてオレンジリングが授与されます。
認知症サポーターは、平成27年6月現在、全国に約620万人おり、身近な地域で認知症の人や 家族に対して、協力・連携・ネットワークを築きまちづくりを担う地域のリーダーとしても活躍しています。

ご利用者様の「昔話」や「自慢話」を聞きたい

昔話「昔懐かしい記憶を思い出す」宅配クック123からの贈り物

content_img03.jpg

縁日の様子を描いた特製うちわ

誰もが楽しい思い出として記憶している「縁日」の様子を描いたうちわをプレゼントします。
この絵はミッケルアート※といって、絵の中に「見つける」「思い出す」という工夫がされた絵画です。

※ミッケルアート
学会受賞(2013年、2014年)もしており、認知症の予防・進行抑制への有効性が確認されている絵画。
「見つける」「思い出す」工夫がなされた回想療法のツールの一つ。「昔懐かしいあの頃・あの風景」を想起させ介護現場でのコミュニケーションに用いられ、認知症予防につながると期待されています。

「子供のころ、縁日では何が楽しみでしたか?」「昔、誰と行きましたか?」などご利用者様との会話のきっかけづくりにも役立ちます。

お茶の間の絵

宅配クック123の日である1月23日に、ご利用者様に「お茶の間の絵」をプレゼントしました。
昭和の古き良き時代の家族の団らんの様子が描かれています。絵を見た利用者様は「そうそう、昔はこうだった・・・♪」と懐かしい思い出話しをされ配達員との会話が弾みました。

content_img04.jpg
昔話で今まで生きてきた足音を感じていただき、ミツケルことで生きていく勇気を感じてほしいと願っています

自慢話

食べたら誰かに「自慢」したくなる特別メニューの開発秘話

毎年、土用の丑の日に国産うなぎを使用したうな丼をご用意しています。
近年、シラスウナギ(うなぎの稚魚)の不漁などで、うなぎの価格が上昇し、その影響で外食チェーン等々では「うな丼」の小売価格も軒並み上昇しております。
そんな中、2012年には「宅配クック123」においても例年通りの価格での提供は難しいかもしれないと導入を見送るかどうかの検討もいたしました。
しかし、毎年お客様が喜んでくれる「うな丼」を安易に諦めたり、値上げしたり出来ないとの想いがあり、利益度外視でも価格据え置きで提供することに決めました。

content_img05.jpg

提供するからには、とことんお客様に喜んでいただきたい、そんな想いのもと宅配クック123では生産者の顔が見える国産ニホンウナギでの「うな丼」を提供しております。


2013年からは養殖が盛んな宮崎県の中でも有名な「山道養鰻場」で養殖された「うなぎ」に限定してお届けしております。水・池・餌など、こだわった環境で育てられ、製造工程においても 「皮」→「身」の順で白焼きに仕上げ、旨みを閉じ込めてから蒸し上げ、ふっくら香ばしく焼き 更に3度のたれをつけながら焼き上げるなど、とにかくこだわり抜いた宅配クック123の 「うな丼」に仕上がっています。
全ては、お客様が「こんなに美味しい うな丼 を食べたんだ」とご家族やお友達に自慢できるそんな「うな丼」を届けたいという想いのために。